Home > スペイン語(category)  TotalPages2 next

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-24 Mon 15:11

Feliz Navidad

そういえば、今日はメリークリスマスだ!
というわけで、お久しぶりのスペイン語カテゴリです。

メリークリスマスはスペイン語で『Feliz Navidad』というそうです。
フェリスナビダッドって読めば通じるね。うん。

1

まぁ、今年はイブまで旅に出ていたので、クリスマスはのんびりします。
皆様、良いクリスマスを!



Feliz Navidad.


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

Theme:今日のつぶやき

Genre:ブログ

2012-05-20 Sun 17:24

スペイン語でつながるご縁もあるのね

先日、うちの職場でのこと。
お客様の一人の携帯電話がなり、突然流暢なスペイン語を話し始めました。
まぁ、あまりに速くて私が聞き取れたのは「Si(はい)」と「Porque(なぜならば)」くらいのもんでしたが、語感でスペイン語とわかることができました。

ちなみに、スペイン語がどんな語感かは、こちらをどうぞ。
同級生Eも大好きな『ハイジ』の主題歌で日本語と比べてみてくださいね。

『ハイジ主題歌スペイン語ヴァージョン』



そのお客様がレジに来たので、「スペイン語お上手ですね」と話しかけました。
すると相手の方は嬉しそうに「スペイン語ってわかる方がいらっしゃって嬉しいわ」
はぁ、言われてみればまぁ、馴染みがないかもね。
私もスペイン語習ってなければ何語かもわからんかも。

白髪の朗々と笑う女性だったのですが、あまりに流暢なので「ご家族にスペイン語を話す方が?」と訊ねたところ、ご本人が中南米に滞在していたことがあったそうです。
電話の相手はたまたま地元の温泉施設に演奏に来ていたブラジル出身のハープ奏者。
その方から食事のお誘いがあったところらしく。
私の先生をご存知のようで「先生によろしくね」とにこやかに去っていきました。

ろくに話せないスペイン語ですけど、こうして何気ないところで触れ合いがあるもんなんですよね。
語学って面白いなぁと感じた一日でした。


さて、それでは今日の一枚。

『菫かな?』

花

こういう色合いの花も好きです。
まるで絨毯のように色鮮やかに咲いていました。
春ですねぇ。って思ったらもう初夏なのが北海道ですけどね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:ことば

Genre:学問・文化・芸術

2011-06-06 Mon 23:00

日曜日生まれの子は・・・

最近はスペイン語の動詞と名詞を覚えようと頑張っています。
動詞は主語によって変わるし厄介。
名詞はやはり物の名前などの単語がわからないと、伝えたいことも伝わらないんですよねぇ。

もう何年も習っているんですが、初歩の初歩です。
今日は曜日をご紹介。

月曜日 lunes(ルネス)
火曜日 martes(マルテス)
水曜日 miercoles(ミエルコレス)
木曜日 jueves(フエベス)
金曜日 viernes(ビエルネス)
土曜日 sabado(サバド)
日曜日 domingo(ドミンゴ)

PCでのアクセント表記がうまくできず、やむなく省略ですいません。
ちなみに私は日曜日生まれの子。

◯曜日生まれの子。
そんなマザー・グース、ありましたね。

マザー・グース1 (講談社文庫)マザー・グース1 (講談社文庫)
(1981/07/13)
和田 誠

商品詳細を見る

こちらの文庫は4巻くらいあるはずなので、どの巻に収録されていたか忘れましたが・・・。

Monday's child is fair of face,
Tuesday's child is full of grace,
Wednesday's child is full of woe,
Thursday's child has far to go,
Friday's child is loving and giving,
Saturday's child works hard for a living,
And the child that is born on the Sabbath day
Is bonny and blithe, and good and gay.

うつくしいのは げつようびのこども
ひんのいいのは かようびのこども
べそをかくのは すいようびのこども
たびにでるのは もくようびのこども
ほれっぽいのは きんようびのこども
くろうするのは どようびのこども
かわいく あかるく きだてのいいのは
おやすみのひに うまれたこども

・・・嬉しいかも。おやすみのひにうまれたこどもとしては。

マザー・グースといえば。
『つむじまがりのメアリさん』はバーネットの『秘密の花園』やクリスティのポワロ作品にも登場しますね。
まぁ、クリスティといえば言うまでもなく『そして誰もいなくなった』や『ポケットにライ麦を』など多くの作品にマザー・グースを登場させています。
他にもエラリー・クイーンやヴァン=ダイン、そして大好きなこちら。
山下和美『天才 柳沢教授の生活』にも。

天才柳沢教授の生活(1) (講談社漫画文庫)天才柳沢教授の生活(1) (講談社漫画文庫)
(2001/07/12)
山下 和美

商品詳細を見る

こんなに知的でハングリーで無邪気な人を私は知らない。
涙が自然とこぼれたり、感服まじりの笑いが飛び出たり。
あ、そして猫好きにはたまらんです!
私があのマザー・グースを知ったのは、この作品ででした。
この『天才 柳沢教授の生活』は私の中で偉大な漫画ベスト10に入れたい作品です。
ここまでヒューマニズムにあふれた作品って、今まで読んだことなかったなぁ。

・・・なんだか読書カテゴリに入れたい気がする記事になってしまいました。
でもここはスペイン語で!
身近なものがスッとスペイン語で出てくるように、ちょっとずつ頑張ろうっと。


秘密の花園 (新潮文庫)秘密の花園 (新潮文庫)
(1954/01)
フランシス・ホジソン バーネット

商品詳細を見る


そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/10)
アガサ クリスティー

商品詳細を見る


ポケットにライ麦を (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)ポケットにライ麦を (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/11/11)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:ことば

Genre:学問・文化・芸術

2011-03-23 Wed 12:00

エズラ ブルックスをpoco a poco.

「お、今回は『お酒カテゴリ』か」と思った方、すいません。
実はお久しぶりの『スペイン語カテゴリ』でございます。

いつもスペイン語の授業が終わると、スペイン語仲間の薬剤師N女史と酒盛りになります。
今月あたまに一緒に飲んだのがこちらの『エズラ ブルックス』

エズラ・ブルックス

いつも『今月の一本』としてウィスキーを月に一本ペースで楽しむことにしています。
3月のお酒はこれだったんですが、前回のスペイン語のときに一晩でボトル半分空けてしまい・・・。
『今月の一本』どころか『今週の一本』になってしまいそうな勢いでしたw

そこで、翌日からちょっとずつ楽しんでおります。
「ちょっとずつ、少しずつ」
そういう意味の言葉をスペイン語で「poco a poco(ポコ ア ポコ)」と言います。
イタリア語でも同じだそうで。
ラテン文化は繋がっているので、面白いですね。

「poco a poco(ちょっとずつ)ね。animo animo(頑張ろう)ね」
うちのスペイン語の先生S氏はかれこれ何年この言葉で私とN女史を励ましてくれていることか・・・。

授業の後にすぐ飲むから、アルコールと一緒に覚えた単語も消えて行くのか??
とは思いますが、動画やインタビューを見ていると、ときどき単語が聞き取れたり。
無駄なものってないんですねぇ。

みなさんも「ちっとも事がすすまないなぁ」とか「ちっとも貯金が増えないなぁ」とか「ちっとも体重が減らないなぁ」なんてときに呟いてみてください。
「poco a poco」
なんかリズミカルで楽しくなります。

スペイン語の魅力ってリズム。
言葉にはリズムやテンポや響きがあってイメージになると思うんですが、スペイン語は陽気で愉快な呪文みたい。
「ポコ ア ポコ!」って繰り返すだけで、「なんとかなるよ、ちょっとずつ!」って気持ちになります。
その後に「animo(アニモ)」つまり「頑張ろう」って拳をぎゅっとすると尚よろし。
前向きになれる不思議な呪文です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:スペイン語

Genre:学問・文化・芸術

2010-10-29 Fri 20:57

めっちゃ寒い=que frio

先日、スペイン語のレッスンでした。
場所は旦那のバー。
まだお客様が少ない時間帯に、テーブル席を借りてやってます。

さて、最近の北海道は骨身に沁みる寒さ。
『寒い』はスペイン語で『Frio(フリオ)』というそうです。
『すっごく寒い』になると『Que frio(ケ フリオ)』
のんびりスペイン語を習い始めてもう3年くらいにはなるんでしょうか・・・。
ほぼ1年はお休み期間だったのですが、のんびりもいいところ。
でも、この単語はすぐ覚えましたね。
よく聞き、よく使う言葉は必然的に覚えるのですね。
この季節になるとレッスンの最初は「フリオ」「フリオ!」「ケ フリオ!」の連呼が1分続きますww

TVでスペイン語を耳にすると、たまに単語を聞き取れたり、ふっと意味がわかったりする単語があったり。
もっと精進せねば! とモチベーションが上がる。
今まではわからなさすぎて落ち込んでましたが、やっとこの頃ゆとりがww

継続は力になるか、惰性になるか・・・今が瀬戸際です!


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:語学の勉強

Genre:学問・文化・芸術

06 «
2017.07
» 08


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。