Home > ゲーム(category)  TotalPages4 next

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-03 Thu 12:46

ドラゴンクエスト6 幻の大地

以前、このブログで『シヴィライゼーション2』というゲームをご紹介しましたが、先日ブロともさんが『シヴィライゼーション5』に熱中していた記事を拝見。
うぉぉぉぉ、もう5かぁ!
ゲームしたくてウズウズ。

とりあえず今、うちの職場の薬剤師のK先生から借りっ放しのコレをプレイ中です。

『ドラゴンクエスト6 幻の大地(DS版)』



DS版のCMは海外の方が扮しているんですが、衣装代やらロケ地も半端ないですな。
それにしても、何故スペイン語なのだろう??

夢の世界と現実の世界を行き来して、世界に迫る脅威と謎に迫る物語。
レベル5で止まってたんですけれど、昨日の夜からプレイ再開して徹夜ですよ。
私、ゲーム始めるとご飯も忘れて徹夜しちゃうタイプなんで覚悟の上だったんですけれど、やっぱり徹夜しちゃったよ。

面白いですねぇ。
昔はドラクエと言えばレベル上げとお金貯めて武器防具をある程度揃えないと苦しい印象だったんですが、割にそこは気にせず進められるようになっているような。
すぎやまこういちの音楽に胸が躍ります。はぁ、心が震えるわぁ。

K先生はパチスロ好きの若い男性で、ゲームも好き。
お正月明けはドラクエトークで盛り上がります!

まぁ、そんなわけでしばらく冒険の旅に出ております。
クリアするまで音信不通かもしれませんが、御免あそばせ。



アルティメットヒッツ ドラゴンクエストVI 幻の大地アルティメットヒッツ ドラゴンクエストVI 幻の大地
(2011/02/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

Theme:ドラゴンクエスト

Genre:ゲーム

2012-08-24 Fri 19:37

ルナティックドーン オデッセイ

久々のゲームカテゴリです。
なんともレトロなものをご紹介。

『ルナティックドーン オデッセイ』

ARTDINK BEST CHOICE ルナティックドーン オデッセイARTDINK BEST CHOICE ルナティックドーン オデッセイ
(1999/12/02)
PlayStation

商品詳細を見る


これの何がいいって自由さ。
旅立ちは「行方知れずとなった父を捜す」という目的があるにも関わらず、どんな生き方をするかが全くの自由なんです。
ギルドでのしあがってもいい。
悪の道を突き進んでいもいい。
結婚してもいい。
だらだらしててもいい。

選択の連続を楽しめるのが醍醐味。

それに音楽がいいんですよ。
叙情的で。
私の好きなクラシックギターを思わせる音源もあり、曲も優れたものばかり。
他の人がプレイするのをぼんやり見てるだけで楽しめそう。

まだ実家にあるかな?
久々にプレイしようかな。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:ゲーム

Genre:ゲーム

2012-04-25 Wed 20:11

シヴィライゼーション2。 古き良き名作。

壮大かつ奥深いゲームといえば、コレ。
文明をテーマにしたシミュレーションゲームです。

『シヴィライゼーション2』



プレイヤーは最初にどの国を治めるか決めます。
紀元前から始まり、いまだ未知の闇にある地図を広げていきながら国家を育てて行きます。
政治形態などを自由に選べ、どの分野の技術研究をすすめるかによって、世界七不思議の開発、発明も自分次第。
最後には人類は宇宙へも進出。
戦争や内政、外交もあり。
もちろん、砂漠や草原などの資源による影響もあり、なかなかに奥深い国づくりができます。

これが毎回地図が変わるもので、意外と飽きないんですよね。
大臣との会議を見ていると、人間ってこうだよねぇ。みたいな苦笑もあり。

コツコツ派におすすめのゲームです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:ゲーム

Genre:ゲーム

2012-03-09 Fri 20:06

ドラゴンクエスト4 名作の中の名作

今回の記事は、ゲームの中でも特に好きな『ドラゴンクエスト4』です。
このゲーム、章ごとで主人公が変わります。
それぞれの旅をし、最後の章で今までの主人公たちが勇者のもとに集う。
各自の背負っている過去や定め、目的を一緒に見て来た後で勇者と出逢い、また各自の己の旅をすすめる過程が好きです。
群像劇の要素があるものが好みなんですねぇ。

今回はこのゲームの中からこの曲を。

『ジプシーダンス』



占い師と踊り子の姉妹が父の仇をとるために旅をする章の音楽ですね。
各自のテーマソングも秀逸。
BGMの印象も深いゲームです。



自分に課す厳しさ、プライド、責任、親子の情、家族、友情、裏切り・・・人生に起こりうるいろんな問題を提起したストーリーが次から次へとプレイヤーを試してきます。
あっという間にのみこまれ、自分も一緒に旅をする。
これぞ名作ですね。

嗚呼、この雄大な音楽。
これを聴くだけで身震いするのは、名作の中の名作ゆえ?

ドラゴンクエスト、永遠なれ。



アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たちアルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
(2006/07/20)
PlayStation

商品詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:ゲーム

Genre:ゲーム

2012-02-11 Sat 21:36

チンギスハーン 蒼き狼と白き牝鹿4。 世界は広し。

学校で歴史を学んでも、どれだけの規模だったかよく把握できなかったあの頃。
このゲームをして、十字軍というものがどんなに広い世界での出来事だったかを知りました。

『チンギスハーン 蒼き狼と白き牝鹿4』



コーエーから90年代末に発売された歴史シミュレーションゲームです。
私はPCでなくプレイステーションでですが、よくプレイしてました。
このゲームで日本の地理的な小ささに唖然としたもんです。
教科書で淡々と書かれていた出来事が、こんなに凄いことだったんだなぁとしみじみしました。

プレイヤーは最初にチンギスハーンやサラディンなど好きな君主を選びます。
内政したり、領地を広げたり。
妻のご機嫌をとって子孫を残したりね。
女性陣とのかけひきも楽しめます(笑)

ときは十字軍の頃。
ゲームだけに私の大好きなロビン・フッドも登場するのが嬉しいところ。
何度でも楽しめるゲームです。

世界は小さく、故に広かった。
地図の向こうは無限大だった時代。
そんな時代にロマンを感じます。



チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿 4 (説明扉付きスリムパッケージ版)チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿 4 (説明扉付きスリムパッケージ版)
(2005/07/08)
Windows

商品詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:ゲーム

Genre:ゲーム

03 «
2017.04
» 05


123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。