Home > 2011年03月  TotalPages10 next

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-31 Thu 20:54

海老といんげん、松の実のケーク・サレ

ボイルした海老といんげんを入れてみました。
アクセントに松の実を。
『海老といんげん、松の実のケーク・サレ』

海老といんげん、松の実のケーク・サレ

海老が思ったより固くならず、ボイルしたままの感触になりました。
日持ちはしなさそうですが、ぷりっとした歯ごたえも楽しめるのはいいかも。
てっぺんにマヨネーズとチーズを乗せて焼き上げます。

生地にチリソースを混ぜて焼いたらどうだろう??
と思ったんですが、チリソースがなかったのでノーマルに焼きました。

お酒もいいけど、コーンスープのお供にいい気がしますね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

Theme:料理

Genre:趣味・実用

2011-03-31 Thu 00:00

ミレーのオフィーリアに思う

シェイクスピア好きだからという訳ではありませんが、この絵がなんとなくずっと好き。
ジョン・エヴァレット・ミレーの『オフィーリア』

ジョン・エヴァレット・ミレイ *オフィーリア  【ポスター+フレーム】 ゴールドジョン・エヴァレット・ミレイ *オフィーリア  【ポスター+フレーム】 ゴールド
()
Office New Image

商品詳細を見る


狂気、復讐、陰謀。
そんな『ハムレット』の中で綺羅星のようなオフィーリアの沈みゆく姿。
この目や口の欲するものは何だったのか、いつも考えてしまいます。
少なくとも、水の冷たさとは真逆のぬくもりだったと思いますが。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:絵画・美術

Genre:学問・文化・芸術

2011-03-30 Wed 00:00

チャップリン『ライムライト』

チャップリン『ライムライト』



この映画、涙なくしては観れません・・・。
映画音楽としてももちろん人気がありますね。

チャップリンといえばサイレント映画と思っていたあの頃の自分。
チャップリンの声や素顔、そして才能に改めて惚れ込んだ作品です。

『愛』とか『結婚』ってどんなことなのかしら?
そう考えずにはいられない映画でした。
まぁ、それは今でもずっと考え続けていることですけどね。


ライムライト (2枚組) [DVD]ライムライト (2枚組) [DVD]
(2010/12/22)
チャールズ・チャップリン、クレア・ブルーム 他

商品詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:洋画

Genre:映画

2011-03-29 Tue 23:11

甲子園といえばタッチ!

甲子園ですなぁ。
あのファーストベースまで全力で駆け抜けるひたむきさが大好きです。
東北は残念でしたが、地元北海道はまだ健闘中だとか。
熱い試合、楽しみにしてます。

甲子園というと読みたくなる漫画『タッチ』


タッチ (完全版) 全12巻 完結コミックセット(少年サンデーコミックススペシャル)タッチ (完全版) 全12巻 完結コミックセット(少年サンデーコミックススペシャル)
(2010/01)
あだち 充

商品詳細を見る


あだち充ワールドはぽわんと平和でいいですなぁ・・・と思いきや和也が・・・の衝撃、未だに忘れない。
本日はこちらを聴きながらどうぞ。



アニメは声優陣が豪華ですねぇ。三ツ矢さんや難波さんはじめ、新米声優だったこぶ平さん(当時)や、日靍のり子さん、井上和彦さんや銀河万丈さん、増岡弘さん、中尾さん、鶴さん・・・うわぁ、枚挙に暇がない。
アニメも捨てがたい。
終盤の告白はアニメ版と原作と違うんですが、それぞれの良さがあります。

兄の達也の不器用な優しさが大好きでした。
・・・今思うと南ちゃんは実は結構大胆だった気がするよ。
あだち充ワールドらしく、スローで甘酸っぱい青春の日常。
甲子園というと、もうコレです。

出場高校、みんな頑張れ!
熱くなれよ~~~!!


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:マンガ

Genre:アニメ・コミック

2011-03-29 Tue 00:00

ブエノスアイレスの四季より

ピアソラの中で最も好きな曲。
『ブエノスアイレスの四季』から『ブエノスアイレスの夏』



ピアソラと出逢った初めての曲です。
この迫り来る情熱。
初めて演奏を聴いたとき、鳥肌が止まらなかった。
とある小さな教会で行われた演奏会でしたが、礼拝堂を呑み込む扇情的な音色に目眩がしそうでした。
『四季』といえばヴェルディを思い出す方が多いですが、『ブエノスアイレスの四季』も素敵です。

他の季節もアップしておきます。
貴方の好きな季節をピアソラはどう表現しているか・・・。
ご堪能ください。

『ブエノスアイレスの春』



『ブエノスアイレスの秋』



『ブエノスアイレスの冬』



冬も大好き。ラストを飾るにふさわしい曲です。
言葉で言い表せない。迫り来る情熱と呑まれるほどの哀愁、そしてとけない陶酔。
ちょっとぐらい不協和音で激しいのがいいね、音楽も恋も人も。


ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」
(2002/06/21)
イタリア合奏団

商品詳細を見る


こちらのCDに収録されているイタリア合奏団の『ブエノスアイレスの四季』もおすすめです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

Theme:クラシック

Genre:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。