FC2ブログ
Home > スポンサー広告 >読書 >マリオ・プーヅォ『ゴッドファーザー』

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-07 Thu 21:55

マリオ・プーヅォ『ゴッドファーザー』

本日は朝からこちらをちょっと読み返してました。

マリオ・プーヅォ『ゴッドファーザー』


ゴッドファーザー〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)ゴッドファーザー〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
(2005/11)
マリオ プーヅォ

商品詳細を見る


まぁ、言わずと知れたあの名作映画の『ゴッドファーザー』ですな。
ファミリーの栄光と影が描かれているなんて言い方は端的過ぎですね。

映画は海外に滞在中にちょうどTVでオンエアしていて、字幕なしで観ました。
だから内容が想像・妄想・予想でいっぱい(笑)

小説を読んで感じるのは「生々しい」ってこと。
場面そのものというよりも、文章の持ち味が。これは訳者の力でもあるんでしょうが。

ファミリーの生き方よりも、この小説で好きなのは女の生き様がすごくリアルなこと。
男の世界ですけどね、そこに絡む女の世界の描き方が好きです。

今日はシモネッターじゃないんですけど、特に性描写における女心が生々しいんですよね。
男と交わる悦びもそうだし、失った悲愴も共感できます。
男を愛する女の実感が妙に気に入っています。
まずは語られるべき男の世界に、それがうまく溶け込んでいるんですよ。
男がいて、女がいて、互いが世界で生きている。映画を観たときにはそう感じなかったけど、小説だとどうしてもそっちに目がいくんですよね。
男の生き方。女の生き方。それぞれの心の性質が群れ合って、人間味のある気がします。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

Theme:感想

Genre:小説・文学

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://mametolen.blog92.fc2.com/tb.php/1109-d8cf4437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

07 «
2018.08
» 09


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。